炭鉱夫は止まらない

世の中に眠った役立ちそうなものを探して綴る雑記

少しでも得をしたい 飲み会の幹事をする時の3つのコツ

こんにちは、ジュエルです
新人歓迎会、忘年会、会社、サークル、オフ会、同窓会、友達同士の集まり、日々様々な場面で飲み会は行われています
頻繁に行われている飲み会の幹事、出来ればやりたくないという人がほとんどだと思います

そんな飲み会の幹事を任された時、どうせなら少しでも得をしたいですよね
そこで、オフ会で仕方なく幹事を行ってきた僕が、参加者に非難されることなく得をする方法を伝授しようと思います
ただし、ここで紹介する方法は積極的に幹事を行って儲けようなんてものではなく、どうせ幹事をやらなければならないなら、自分もちょっと得すればいいな程度のものなので過度な期待をしないようにご注意を

損をしない予約

おいおいおい、得をしたいのにいきなり損をしないための方法ってどういうこっちゃ

はい、すみません…

でも大事なのでこれはちゃんと気にして頂きたい
特に初めて幹事を行う人なんかはこのことにまで気が回らない人がいます
ここでミスをするとこの後紹介する得するための方法なんて吹き飛んでしまいますので気を付けてください

さて、何を注意するかというと

ドタキャンするやつが一人は必ずいると思え!

いや、初めから人を疑うのはどうかと思うよ?
でも実際問題予定通りの人数で飲み会が出来ることってそんなになくないですか?
例えば会社の飲み会であれば、ドタキャンした人からも確実に徴収出来るのでそこまで気にする必要はありません
しかし、サークルやオフ会なんかだと高確率でドタキャンしてくる人が出てきます
理由があれば良い方で、下手すれば無言でドタキャンしたあげく連絡が付かなくなるなんて人も一定数います

そんな非常識な相手から身を守るにはどうすれば良いか

方法1:飲み放題だけ予約して料理はその場で注文

一番確実な方法はこれ
飲み放題であれば直前にキャンセルしても大抵のお店ではキャンセル料が発生しません(店によるので事前に確認を)
また、集まりにもよりますがコースだと食べ物が余ってしまうということも少なくなく、むしろ料理を別途注文のほうが安く済むことがあります

しかしこれには問題があります
まず2~30人もいるような場合はそもそもコースじゃないと予約を受け付けてもらえない場合があること
こればっかりはどうにもなりません
また、沢山食べる人が多いとコースよりも値段が高くなる可能性があります
そして割り勘にするのがメンドクサイ
2900円とかであれば3000円徴収しても問題ないでしょうが、2600円とかだとどうしましょう
しかも1~2人だけ人の2倍も3倍も食べる人がいたらどうしましょう
大抵の場合は3000円徴収しても問題ないのですが、世の中には人が儲かるのが許せない人がいます(幸い僕は出会ってないですが)
そういう人がいると大変面倒なことになるので出来るだけ近い値段で徴収したほうがいいかなとか沢山食べた人からは多めに徴収した方が良いかなとか考え始めるとそれもまたメンドクサイですね
まぁそもそも料金を見られなければ問題ないわけですが
僕がこの方法を取る時は、来る人がどんな人かがわかっている時ですね

方法2:キャンセル料が取られる直前に人数を少な目にしてコースを予約する

比較的無難な方法がこれ
人数にもよりますが、例えば8人の予定だったら7人で予約するといったふうに奇数に変更して予約すると、大抵は8人席が取られており、当日一人増やしてもまぁ大丈夫かと
最初から奇数だったらどうするんじゃい!
となってしまうわけですが、その場合素直に店員に相談してみましょう
「今のところ6人なんですが、もしかしたら当日2人増える可能性あるんですがなんとか入れそうでしょうか?」と
運が良ければちょっと大きめの場所を取ってくれる場合もあります
時期によりますが
逆に人数が多い(30人とか)場合は3~4人少な目に予約しても大抵は問題ありません
大部屋の場合は多少の人数変化では
店によっては当日増えると料理が人数分用意できない場合がありますが、それだけいれば料理の数で問題になることはまずありません
おまけとして料理がない分料金が浮きます
ただし明らかに料理が足りなそうだったら追加注文したほうがいいですよ

支払いはクレジットカードで

二つ目の得する方法は会計をクレジットカードで済ませる
人数が多くなると支払い額は何万もの値段になります
これをカード払いにするだけで数百円から千円分程度のポイントが手に入ります
たった数百円かよ!と思うかもしれませんが、されど数百円
貰えるんだったら貰っておいたほうがいいですよね

還元率の高いカードを使った方がお得ですが、自分が普段使っているカードで良いと思います
もしクレジットカードを持っていない、あるいは還元率を気にするようであれば、楽天カードがオススメです
楽天カードのメリットとして
・楽天以外での買い物でも1%の還元率
・審査が比較的緩く入手しやすい
・海外旅行傷害保険が付いている
・入会時のポイントプレゼントがやたらと多い
と、かなりお得なカードとなっています
特にこのカードというこだわりがなければ楽天カードを持っておいて損はないと思います



ぐるなびやホットペッパーで予約する

三つ目の得する方法は、お店の予約をぐるなびやホットペッパーで行うというものです

ぐるなびで予約を行うと、一人につき100p溜まります
ポイントはdポイントやauウォレットとしても溜められますし、ぐるなびのポイントとして貯めてamazonギフト券に交換なんてこともできます
あるいは、ぐるなび登録レストランで使用するお食事券に交換することも

ホットペッパーで予約を行うと一人につきPontaポイントが50pもらえます
これだけであればぐるなびの方がお得ですが、ホットペッパーは予約するコースによっては5倍の250p貰えるところもあります
唯一の難点は250pのうちの200pはホットペッパー限定でしか使えないということでしょうか
個人でも食事に行くことが多い人はホットペッパーの方がお得だと思います
貯めたポイントを使って美味しいものを食べに行きましょう

最後に

いかがでしたでしょうか
参加人数次第ですが、ちょっと工夫することで自分の飲食代くらいは元が取れるのではないでしょうか
どうせ幹事をやらなければいけないのなら、これらの方法でちょっとでも得をしてやりましょう
ではではー