炭鉱夫は止まらない

世の中に眠った役立ちそうなものを探して綴る雑記

残業規制で所得が8.5兆円減とかいうニュースがあったけどそんなわけはない


働き方改革の一環として、政府は罰則付きの残業上限規制の導入を目指しており、実現すれば年720時間、月平均60時間が上限となるとのこと
大和総研はこの残業規制により、残業代が最大で年8兆5000億円減少する、これにより国民の所得が大きく減る可能性があるという試算をまとめたそうです

www.jiji.com


いやいやいや
普通に考えたら、残業規制されて一人当たりの労働時間を減らさなければならなくなったのなら、別の人間を雇うとか外注に出すとか何らかの対策を取る必要があるでしょう
じゃなきゃ会社回らないでしょ
元々残業しなくても回る会社であれば一人の人間が60時間以上の残業なんてしないですし


もし残業規制がかかってしまった場合、今まで長時間残業を行っていて残業代も満額貰っていたような人は確かに所得が落ちてしまうかと思います
しかし、政府が残業規制を命じたからと言ってその人が貰っていたお金も行っていた仕事も無くなるわけではありません
であれば代わりに別の誰かがその分の仕事を行い、お金を貰うことになるのではないでしょうか
となると、国民の所得が8.5兆円減るのではなく、8.5兆円が再分配されると考えるほうが正しいかと思います
この再分配先は、普通に考えれば手の空いている人、恐らくは低所得者がメインになるかと

また、記事には残業時間削減分を新規雇用で穴埋めするには、240万人のフルタイム労働者を確保する必要があり、人手不足の中では至難の業だと書かれています

別にフルタイム労働者じゃなくてもよくない?

仕事内容にもよるでしょうが、パートや契約社員、派遣社員等で済む仕事も結構あると思います
もちろん専門的な知識が必要な仕事もあるでしょう
そういった内容であればしっかりと正社員として雇用し、教育もしていく必要があります
それはそれで雇用が増えるということで非難されるような政策ではないはずなんですが…

この記事を読んでなんとなく思ったのが、現政権の批判を行うためにとりあえず悪く言っておこうとしていませんかね
安部政権になってから雇用が増えたように見えるが実は契約社員の割合が増えているだのと言って雇用が大して増えていないのではないかと文句を言っていたかと思えば、今回のような雇用増大の機会には、人手不足の中で雇用確保は至難だなんだと言いだす始末

残業時間削減と言えば、世間では獣医師不足で一部の獣医師に非常に負担がかかっているようですが、残業規制かかった場合誰が代わりに仕事するんでしょうね
政府は獣医学部を増設して獣医師の増加を図ろうとしていましたが、獣医師会とマスコミは必至になって阻止しようとしていますが…

最近は政権批判ありきで頭の悪いニュースがあまりにも多すぎます
今回の所得損失もどのような計算方法を行った結果なのかは定かではありませんが、予想としては60時間を超過した分の残業時間に平均年収を時給換算したものに1.3をかけたとかそんな単純なものではないでしょうか
仮に複雑な計算を行っていたところで、出された結果の使い方に意味を見いだせなければなんの価値もないですがね
何が評価されるべき内容で何が批判されるべき内容なのか、しっかりと考えて記事にしてもらいたいものです