炭鉱夫は止まらない

世の中に眠った役立ちそうなものを探して綴る雑記

2017年夏アニメを振り返っての感想の話

いよいよ2017年も秋アニメが始まってきました
早速色々予約し始めましたが、その前に夏アニメもようやく終わりを迎えたため、感想でも残しておくことにします

極力ネタバレしないような感想にしているため内容はちょっと薄いかもしれないですがご了承ください

結構批判的な内容も書いたりしますが、「自分の好きな作品が貶されるのは許せない!」という人はそっと閉じることをオススメします
内容について議論したい方はウェルカムです
ただし暴言コメントはそっと削除します

面白かった作品

プリンセスプリンシパル

f:id:jewel_yuki:20171005210724p:plain:w600

プリンセス・プリンシパル

舞台は19世紀末、巨大な壁で東西に分断されたアルビオン王国の首都ロンドン。伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフェア校には、5人の少女たちが在籍していた。彼女たちは女子高校生を隠れ蓑に、スパイ活動を展開。変装、諜報、潜入、カーチェイス……。少女たちはそれぞれの能力を活かし、影の世界を飛び回る。「私たちは何?」「スパイ。嘘をつく生き物だ」

今期のオリジナルアニメ
僕は女の子ばかり出るアニメというのはあまり好みではないため、正直あまり期待していませんでした
しかし、いざ蓋を空けてみればアクション満載、鉄と蒸気を感じさせる世界の中、小型重力制御装置なんていう近未来技術が登場したりする王道なスチームパンク作品でした

様々な勢力が互いにスパイを送り合う中、主人公であるアンジェは表向きスパイ活動を送りながらも、自身の目的のために周りを欺いていく様子は見ていて非常にワクワクします

時代が19世紀ということもあり、なかなかに重いストーリーだったり意外な展開が待ち受けていたりと、絵柄からは想像できない濃厚な内容でした

唯一残念なのが明らかに続きのありそうな終わりだったことでしょうか
2期に期待したいところですがオリジナルアニメということでそれが叶うのかどうか

メイドインアビス

f:id:jewel_yuki:20171005211951j:plain:w400
メイドインアビス

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。
どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、
今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。
「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。
そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていった。
アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、
いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。
そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

WEBコミックガンマが原作の冒険ファンタジーアニメ
『アビス』というダンジョンから貴重なアイテムを持ち帰り、更に奥を目指すという内容からダンまちのような作品を想像していました
しかも絵柄は等身が低く可愛らしい

しかし、いざ見てみるとかなり過酷な秘境をリコとレグのたった二人で進んでいくというハードな冒険アニメでした
思わず息を飲む展開や予想を裏切られる展開があり、視聴者を飽きさせません

胸糞悪いシーンがあったり、痛々しいシーンがあったりと思わず目を背けたくなってしまう展開があるのも本作の特徴です
これから見る人はその点注意が必要かもしれません
僕は11話ではつい早送りをしてしまいました…

とは言え、その後はEDにだけ出ていたモフモフの亜人、ナナチが出てきてきっと心を癒されます

圧倒的な強さを持つ敵がうようよといる割にあっさり先に進めてしまったりと少々バランスに難ありという感じはします
でも僕としては今期の中でかなり楽しめたアニメでした

先が気になるところですが、原作のストック的にも2期をやる可能性は低そうか、相当先になってしまうかなぁ、というところが残念です

アホガール

f:id:jewel_yuki:20171005212305j:plain:w600
アホガール

学力テストで5教科全て0点を取るほど頭が悪い空前絶後のアホの子・花畑よしこは、幼馴染の「あっくん」こと阿久津明に説教を受けても的外れな返答しかできず、それがもとであっくんから制裁や突っ込みをうけることがしばしば。次第にクラスメイトの隅野さやか、よしこの自称舎弟になる不良・黒崎龍一、よしこの母・よしえ、あっくんの妹・瑠璃、あっくんに思いを寄せる風紀委員長、あっくんを嫌うギャル3人組、男装したよしこに恋する担任教師の押枝あつこなどを巻き込むトラブルだらけの残念な日々が続く。

別冊少年マガジンが原作のギャグアニメ
最近増えてきている15分枠アニメで、本作の内容的にもこの15分というのが丁度良い時間となっています

これまた正直最初は全く期待していなかったアニメだったのですが、いざ見てみるとギャグマンガとは思えない程作画が良い!
こんなくだらない内容のアニメにこれだけ気合を入れているあたり、スタッフの作品への愛を感じます

一方でOPはこれでもかというくらいに手抜きですが

登場キャラはさやかを除き問題のあるキャラしかおらず、よしこのとてつもない行動力によりお話の内容はほぼ全て滅茶苦茶です

だがそれが良い!

くだらなさを突き詰めたことで面白さを感じられます

難点はそんなくだらなさにもやがては慣れていき、後半はダレてしまっているところでしょうか
また、この手のギャグアニメは合わない人にはとことん合わなそうだなとも思いました

ちなみに主人公でありメインヒロインであるよしこ以外の女の子たちが可愛いかったです

ノラと皇女と野良猫ハート

f:id:jewel_yuki:20171005212540j:plain:w400
ノラと皇女と野良猫ハート

湾岸の町「桜ヶ淵市」に暮らす少年「反田ノラ」は、ある春の日の登校途中、一人の美しい少女の姿を目にする。パトリシアという名のその少女は冥界の皇女であり、ノラたちの住む地上の生物を滅ぼすためにやってきたのだった。
その日の昼、ノラはとある出来事からパトリシアとキスをしてしまう。するとノラの体は一匹の黒猫の姿に変わった。パトリシアが持つ魔力により、ノラは彼女の眷属になってしまったのである。
数日後、人間の姿に戻ることができたノラだったが、その後も幾度となく猫になったり人間に戻ったりを繰り返すようになる。

エロゲーが原作の5分アニメ
しかもOPがあるものだから本編は更に短い
動きもほとんどない、超低予算アニメ

どう考えてもつまらないだろうと思っていましたが、あえてストーリーというものを取っ払いネタに全力投球することで面白さを出しているアニメだなと思いました
最早原作とか関係ない内容ですし、原作のCMをやることに果たして意味はあるのかという内容でしたが、アニメはかなり楽しめました

例えるなら4コマ漫画のようですかね
その回その回で完結して、前後の話も時系列とかも何も気にしなくていい的な

いくらなんでも前後関係なさすぎだろ!
と突っ込みたかったですが、前衛的で僕は良いと思います
1話まるごとヤギ(実写)をただただ流し続けたアニメは過去にも未来にもこのアニメだけになるのではないでしょうか

賭ケグルイ

f:id:jewel_yuki:20171005212716j:plain:w400

ギャンブルの絶対的な掟。
それは、勝負の果てに勝者と敗者が存在すること。
勝負は富と栄誉を手にし、敗者は落伍者の烙印を押され、大いなる喪失を味わう。
勝負が決するまでの静寂の中、本能は掻き立てられ、欲望は恍惚の境地に到達する。
資本主義の社会において、それはまさに人生の残酷なる縮図。
人はなぜ、リスクを負う世界に心を奪われるのか?
その狂気の先に目にするものとは。

月刊ガンガンJOKERが原作のアニメ
予め原作が面白いと言われているアニメだったためハードルが高かったのですが、見事それを乗り越えて面白いと思えたアニメでした

顔芸顔芸言われていて、そこに目が行きがちですが、キャラの動き、声優さんの演技も相まって非常に丁寧に場面場面が描かれていたと思います

ギャンブルアニメと言うとイカサマ対決のイメージがあったのですが、主人公の夢子(主人公でいいんだよね?)はそんなイカサマが当たり前に行われる賭けの場に好き好んでイカサマ無しで突き進むあたり、作中一番の狂人だなぁと思いました

片やリスクを減らすためにイカサマをする者、片やリスクを負うことに魅力を感じ狂喜する者
実質運で勝ち進んでいくあたりはフィクションだなとも思いますが、下手にイカサマをして勝っていない分非常に気持ちよく見れます

そして、最近中途半端な場面で終わるアニメが多い中、この作品は比較的キリのいいところで終わりを迎えたのではないかと思います
まぁ先が気になる終わり方でもありましたけれどね

ゲーマーズ

f:id:jewel_yuki:20171005213047j:plain:w600
ゲーマーズ!

「……私に付き合って、ゲーム部に入ってみない?」
趣味はゲームという以外目立った特徴もないモブキャラぼっちゲーマーの雨野景太は、ある日突然に学園一の美少女でゲーム部部長の天道花憐に声をかけられる。そこから景太の日常は一転、ゲーム好きな美少女たちとのラブコメ展開の日々が始まる……と思いきや!?
ゲームの価値観以外はそっくりな、ぼっち女子ゲーマーの星ノ守千秋。クラスの中心人物で彼女持ちだけど隠れゲーム好きな、残念リア充の上原祐。祐の彼女でゲーム知識皆無の亜玖璃らを巻き込んで、お互いが勘違い、空回り、迷走を繰り返す、こじらせゲーマーたちによる“すれ違い青春錯綜系ラブコメ”が始まる。

富士見ファンタジア文庫が原作のアニメ
ラノベ大好き人間の僕でしたがこの作品はノータッチでした

主人公はぼっちゲーマーとのことですが、自分の中にしっかりと芯が通っており、思っていたよりも好感が持てるキャラでした
ハーレムというわけでもなくあくまで三角関係であり、お互いが想いを上手く伝えられないもどかしさは見ていてじれったくもありますが、そこが青春ラブコメに面白さでもあると思います
また、ところどころに挟んでくるゲームネタは作者のゲーム好き具合が伺えて楽しいです

思っていたより序盤の展開が早いのですが、そのせいで中盤以降はひたすらすれ違いを行うだけという結構グダグダな内容に…

それでも今期の中では面白い方かなぁというのが個人的見解です
まさに青春!という感じのラブコメが好きな人はぜひ見てみて欲しいですね

期待外れだった作品

恋と嘘

f:id:jewel_yuki:20171005213207j:plain:w600
恋と嘘

ある日、僕たちは「恋」を通知される。「嘘」は許されない。「恋」はもっと許されない。満16歳になると政府から結婚相手が通知される超・少子化対策基本法、通称ゆかり法。相手探しの面倒もなく、国家から相性の良さが保証された「幸せ」を皆が受け入れていた。そんな世界で、主人公・根島由佳吏15歳はクラスの高嶺の花・高崎美咲に想いを寄せていた。16歳の誕生日を迎える夜に決意を固め、ついに長年の想いを伝える根島由佳吏だったが、その直後、彼のもとに政府通知が届く──。科学の赤い糸で結ばれた相手とは……。「好きになるべき人」「好きになってはいけない人」を政府に一方的に決められてしまう世界。それは希望なのか、絶望なのかー少年少女たちのひたむきで純粋な想いが交錯する、未熟で儚い禁断の恋物語。

政府から一方的に結婚相手を伝えられる、という設定自体は面白いものの、実際にそれが施行された場合どうなるか、設定について作者があまりにも考えて無さ過ぎるのが気になりました

好きな人がいる

でも政府通知の人とは違う

どうすべきなのか葛藤する

いや、うん、誰だって好きな人と結ばれたいですよね
でも、この思考に至るのであれば同じような問題は日本全国で発生しませんか?
科学的に相性の良い相手を探し出すと銘打っていますが、“その瞬間”に恋する相手はその人とは限らないはずです
しかも主人公のクラスメイトは「絶対結婚しないぞー!」なんて言ったりしていて
反発する人はいくらでも出てくるわけで
そしたらこんな法律あっという間に成り立たなくなるはずです
なのに施行されて何年も経っていて、しかも国民は「幸せ」らしい

この法律が施行され続けるには、拒否した場合の重い罰則があったり、政府が選んだ相手以外には「恋愛をするなんて異常だ」という意識変革が起きているなど、 “普通じゃない”世界になってないとおかしいと思います

普通の恋愛ではつまらないからと、足枷のために付与するには扱いが難し過ぎる設定なんですよね
ちょっと設定がガバガバ過ぎないですか
田舎の村の仕来りぐらいにしておけばよかったのに

設定にあーだこーだ言っていますが、実は主人公が気に食わないというのが一番合わなかった点だったりします
主人公が優柔不断過ぎだし芯が通っていないしで見ていて始終不愉快でした
こんなのになぜ美咲が惚れたのかも謎
まるでスクイズの誠を見ているようでした

主人公にイライラしている人は少なからずいるようですが、設定に突っ込んでる人はあまり見かけませんね
僕が気にし過ぎ?

徒然チルドレン

f:id:jewel_yuki:20171005213344j:plain
徒然チルドレン

本作は、
どこにでもいる様な、ごく普通の高校生たちが、
恋に燃えたり、揺れたり、悩んだり、
笑ったり、泣いたり、傷ついたり、
うまくいったり、いかなかったりしながらも、
かけがえのない青春の日々を過ごしていく様子を描いた、青春群像劇です。
主人公は、登場人物全員。
あなたもきっと、誰かの気持ちに乗っかれるはず

週刊少年マガジンが原作で最近増えてきた15分枠のアニメ

ラブコメの告白シーンとかその直後あたりをひたすらかき集めたようなアニメで、各カップルの話は2~3分で終わってしまう
どの話から見ても楽しめると言えば聞こえはいいですが、どの話から見てもわけがわからないという印象でした

オススメしてきた友人は「~のキャラがいいんだよー」と言ってきましたが、とてもじゃないけどキャラの名前覚えられないです
というか一組気に入るカップルいても、もう出てこないじゃないですかーヤダー

“【厳選】オススメ漫画100選”並みに薄い内容で、ラブコメは過程を重視するタイプの僕とはすこぶる相性が悪いアニメでした

Twitter等で毎日1話更新みたいなスタイルには合うのかな、なんて思いました

Fate/apocrypha

f:id:jewel_yuki:20171005213616j:plain

冬木」の大聖杯が強奪され「聖杯戦争」のシステムが崩壊し数十年後―。フリーランスの死霊ネクロ魔術師マンサーである獅子劫界離は魔術協会に呼び出され、ある「聖杯戦争」への参加を依頼される。それは、かつて奪われた大聖杯を巡り、二つの陣営に分かれ七騎対七騎が争う空前絶後の「聖杯大戦」であった。獅子劫は触媒となる“円卓の欠片”を手に、戦いの舞台であるルーマニアの地へ赴く。

本来7体のサーヴァントによるバトルロワイヤルのはずの聖杯戦争が、7対7のチームバトルになるという異色の戦い(聖杯大戦)

しかし蓋を空けてみればただただ登場キャラが増えただけでまともなチーム戦など無く、陣営が分かれている割には内部分裂しまくり、戦いは因縁のあるキャラ同士の個別バトルと、スマホ太郎のスマホ並みに死に設定になっていました

Fateという人気作品の冠を被っているせいもあるかもしれませんが、Fate/stay nightやFate/zeroに比べると全てがおざなりと言わざるをえません

終わりに

他にも魔法陣グルグルとか天使の3PとかRe:CREATORSとかようこそ実力至上主義の教室へとか観てる作品はあったのですが、それらは後日追記しようと思います

なんだか批判の方が気合入れて書いてしまった感があり、その作品が好きな人には申し訳ない気持ちがないこともないです
でもこうした意見もあるんだよ、ということを残しておきたいなと思いまして

そんな感じで

ではでは~