炭鉱夫は止まらない

世の中に眠った役立ちそうなものを探して綴る雑記

【超簡単】安価に作ったBluetoothスピーカーが思ったより便利だった[据え置き型]

ふと、スピーカーが欲しくなりました
最近、AmazonプライムやYoutubeで動画を見る機会が増えたのですが、ノートPCやタブレットのスピーカーでは流石に音が良くない
とは言えイヤホンやヘッドフォンだと耳が疲れるし、部屋をちょっと移動する際にいちいち外したり装着したりが面倒

そこでスピーカーを探し始めたのですが、利便性を考えるならBluetoothスピーカーがいいなと
ノートPCやタブレットの利点って好きな所に持って行ける点なのに、ケーブルで繋がれたら場所が固定されてしまいますからね

しかし、調べてみるとわかるのですが、市販のBluetoothスピーカーは専ら持ち運びに特化したものばかり
高音質と言いながらも耳に自信のない僕ですら疑問を持つレベル
ちゃんとしたBluetoothスピーカーは需要がないのでしょうか

そこでふと思いつきました

売っていないのなら作ればいいじゃないか!

ということでBluetoothスピーカーを自作しました
結果としてこの自作は大成功でした

自作と言っても実際は組み立てるだけで誰でも作れるので、気になった人はぜひ試してみてください

必要な道具

f:id:jewel_yuki:20171014192250j:plain:w400

必要な道具はたったこれだけ
恐らくどの家庭にもあるであろう道具だけで作れます
木の棒はスピーカーボックスを乗せるだけなので、厚さ1cm以上で平らなものなら何でも代用可能です(雑誌とか本とか)


必要な材料

f:id:jewel_yuki:20171014192427j:plain:w400

今回のものを作るのに必要な材料です
全て通販で購入できるので集めるのは簡単です

アンプ

Bluetooth機能付きのパワーアンプで、今回のコンセプトの要です
最大出力が50W×2なので、大抵のスピーカーは鳴らすことができます
付属のケーブルは文字通りゴミなので即捨てましょう

スピーカーボックス

自作スピーカーマニアの間で有名なFOSTEXの『P800-E』を使用します
箱そのものはもちろん、内部の配線やクッション、ゴム足まで全てが組立済みという優れもの

スピーカーケーブル

ここを追求しだすとキリがないので適当に有名メーカーの手頃なものを購入すればいいと思います
僕が買ったのはBELDENの8470というケーブル

ギターケーブルでも有名なケーブルメーカーなので買いましたが、ちょっと太くて固いので扱いが難しかったです

こちらの8ONEというメーカーのスピーカーコードを使った方が安価で細いので使い勝手がいいかもしれません

スピーカーユニット

自作スピーカーマニアの間で話題の東京コーン紙製作所『F77G98-6』を使用します
今回の必要材料で唯一Amazonで購入できない部品となります
2個で500円と格安でありながら非常に良い音で鳴るとのこと

f:id:jewel_yuki:20171014192623j:plain:w300

残念ながらAmazonでは取り扱っていないため、秋月電子通商で購入する必要があります
通販サイトがあるので以下からどうぞ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06275/

秋葉原に行ける人は直接買いに行くのもアリかと

組立作業

材料が揃ったら組立作業です

スピーカーボックスの組立

部品チェック

まずはスピーカーを組み立てるのですが、その前にスピーカーボックスがちゃんと通電しているか確かめましょう

もし不良が見つかっても穴を空けた後だと返品できない可能性がありますからね
通電確認はどこのご家庭にもあるテスターを使いましょう

f:id:jewel_yuki:20171014192739j:plain:w300 f:id:jewel_yuki:20171014192753j:plain:w300

穴開け位置のマーキング

いきなり穴を空けるのは危険です
まずはマジック等で穴開け位置をマーキングしましょう

f:id:jewel_yuki:20171014192833j:plain:w400

マーキングする時はペンを垂直に立てると、位置ズレが起き辛いです

ネジで穴開け

マーキングをしたらマーキング部分の真ん中辺りに付属のネジで穴開けをします

f:id:jewel_yuki:20171014192908j:plain:w400

女性の力でも十分できる作業ですが、それなりに疲れます
もしハンドドリルがあるなら、2.0~2.5mmのドリルで下穴を空けておくとかなり楽になります

f:id:jewel_yuki:20171014192945j:plain:w400

穴を空けると穴周りが盛り上がってしまうので、カッターでそぎ落としましょう

f:id:jewel_yuki:20171014193111j:plain:w400

スピーカーユニット取り付け

穴をあけたら一旦ネジを外してから、スピーカーユニットを取り付けましょう
まずはスピーカーユニットとスピーカーボックスのケーブルを繋げます

f:id:jewel_yuki:20171014193320j:plain:w400

そうしたらスピーカーボックスにスピーカーユニットをねじ止めしていくのですが、この時4点を少しずつ締めていきましょう
一気に締めると歪んでしまうので気を付けて

f:id:jewel_yuki:20171014193444j:plain:w400

スピーカーケーブルの準備

ケーブル2本を用意します
8ONEのスピーカーコードを買った人は既に下準備が済んでいるはずなので何もしなくていいです

BELDENの8470を買った人はケーブルを適当な長さに切りましょう
僕は1mに切りました

2本のケーブルの長さは同じくらいに揃えるのが無難です
ケーブルの抵抗値が変わって左右の音量に差が出てしまいます
ほんの僅かなので神経質になる必要はないかと思いますが

ケーブルを切ったら、端から1cmくらいの被覆を向きましょう
この時うっかり中の銅線を切ってしまわないように慎重に!

f:id:jewel_yuki:20171014193531j:plain:w400

各機器の接続

ケーブルの用意が出来たらあとはスピーカーとパワーアンプを接続するだけ
スピーカーの裏側はクリップ状になっているので、そこにケーブルを挟み込みます

f:id:jewel_yuki:20171014193719j:plain:w400

パワーアンプ側は下の写真のように、プラグの穴を通してから絡ませてください

f:id:jewel_yuki:20171014193755j:plain:w400

線材を絡ませたらネジを締めましょう


どちらの色を挟むかに決まりはありませんが、スピーカー側とパワーアンプ側の+-は合わせてください

完成

あとはパワーアンプにACアダプターを取り付ければ完成です

f:id:jewel_yuki:20171014193847j:plain:w400

こうして見ると改めてアンプの小ささが際立ちますね
ちなみにパワーアンプはかなり軽いため位置を固定させたければ両面テープ等で止める必要があります

動作確認

まずは有線接続

スピーカーとアンプ性能を確認するために、まずはAUX端子に直接接続してみました
うんうん、ちゃんとした音で鳴りました

耳にあまり自信のない僕でも、そこらで売っているBluetoothスピーカーよりはずっと高音質なのがわかります
低音をブンブン鳴らしたい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、イコライザーで補正すればある程度は補えます

Bluetooth接続

本題のBluetoothで接続してみました
これが出来ないと本件の意味がなくなってしまいますからね

今回使用したのはSurface PRO3です
まずはAUX接続時に確認した音楽と同じmp3ファイルで聴いてみました
Bluetooth接続だと音質が劣化してしまうかな?という心配がありましたが、特に問題はなさそうです

次に動画再生を行ってみました
Bluetoothによる音楽再生で問題になるのは転送による音ズレ
日本の製品であればAAC/apt-x対応とか書かれているのですが、このパワーアンプには何も書かれていません
そこで音ズレがあると気になりやすい音楽のライブ動画を再生してみました
その結果、演奏と音にズレは感じられませんでした

以上の結果から、恐らくAAC/apt-xに対応しているのだと思いますが、残念ながら確定はできません

ということで、今回自作したBluetoothスピーカーを使用することで満足のいく動画鑑賞、音楽鑑賞が出来ることがわかりました

まとめ

今回、店売りのBluetoothスピーカーに納得のいく商品がなかったため、自作(というか組み立て)という手段を取りました
結果は非常に満足のいくもので、価格的にもかなり安く済みました
その功績はELEGIANTのBluetooth機能付きパワーアンプによるものですね
有線接続による普通のパワーアンプとして使用しても問題のない性能です

自作というとハードルが高そうですが、実際にはネジ止めするだけのようなものなので専門知識もいらないし、誰でも作れます
市販のBluetoothスピーカーに不満のある人はぜひ試してみてください

ではでは~