炭鉱夫は止まらない

世の中に眠った役立ちそうなものを探して綴る雑記

座間9遺体身元判明のニュースを見て久々に怒りを感じた


金曜日の朝、僕にとってそれは連休を目前にした一週間最後の頑張りどころで今日も一日がんばるぞい!っと気合いを入れてるとか入れてないとか。
そんなうららかな朝、めざましテレビでニュースを観ていた僕に一つの爆弾が投下されました。


座間9遺体、1都4県の15~26歳と確認 警視庁発表:朝日新聞デジタル


なんだこれ

なんだこれ!

上記記事のような内容をニュースを見て知ったのですが、これを見て怒りを感じたのは僕だけではないと思いたい。
いや、もちろんこの事件そのものが十分度し難い内容ですが、今回の報道の仕方はあんまりではないでしょうか。


昨今世間を騒がせていた座間市で起きた9遺体事件に関する今回のニュース。
全員の身元が判明したという事実は(これを良いことと言うのは抵抗がありますが)少なくとも悪いニュースではないでしょう。いっそ判明しなければ事実は事実でなくなるかもしれない…という想いを抱く人ももしかしたらいるかもしれませんが。


しかし今回の報道はどうでしょうか。
この事件はかなり特殊で、被害者は唯一の男性を除き、皆人生に悲観していて自殺願望があった人達です。そして無差別殺人や事故に巻き込まれたわけではなく、自らの意思で怪しい男の元へついていってしまった人達でもあります。
正直言って人に知られたくない過去ではないでしょうか。僕だったら知られたくありません。
そんな内容のため、被害者については非常にデリケートに扱わなければならないはず。

そこへきて今回の実名+顔写真報道ですよ。
あえて悪意のある書き方をします。

「これが自殺願望があり、そして変な男に騙されて殺されてしまった人達の顔一覧です」と言っているようなものなんですよ。
こんなのただの晒し首じゃないですか。

自分が同じ立場だったら絶対嫌ですし、自分の子供だったとしてもそっとしておいてくれって思います。

百歩譲って名前の報道はわかります。報道によって初めて自分の知り合いが被害者だったと知る人もいるでしょう。
…いや、やっぱ名前の報道も理解できない。今回の被害者のうち半数は未成年な上に、性犯罪の被害者である可能性もあるわけです。
性犯罪の被害者は名前を公表しないって原則ありませんでしたっけ?

まして顔写真なんてもってのほか。
しかもどこで手に入れたのか、ほとんどが卒業アルバムの写真で、そうじゃないものもTwitterかFacebookのプロフィール画像にありそうな写真です。どう考えても遺族や友人から提供してもらったものではないですね。
卒業アルバムを提供する人もどうかと思いますが、こんなのを必死に集めていたマスコミには反吐が出ます。

いつぞやの障害者施設での殺人事件では、被害者の名前が伏せられましたが、それに対してマスコミは「実名で報道するのは国民の知る権利だ」という趣旨の内容を述べていました。

知る権利?こんな情報は望んでいない!


ここまでで相当怒りが溜まっていましたが、極めつけは被害者達の生前について暴こうとしているところ。
中高生で自殺したいなんて呟くとしたら、十中八九その原因は家庭か学校での人間関係でしょう!
その挙句インタビューに答えてくれたであろう人は微妙に他人感のある人ばかりで、近しい人には取材拒否されたか見つからなかったのではないかという雑な作り。

というか!事件が事件なんだから、今、子供たちに、取材するなよ!


そんなこんなで最悪な気分で迎えた今日ですが、この事件について調べていて更に知った驚愕の事実。

『(被害者の名前)顔画像、Twitter、Facebookを特定』みたいな記事がたくさんある!
被害者相手にこんなことをして何になるのか。

世の中には人間辞めたやつがいっぱいいるようだ。


f:id:jewel_yuki:20171110211002p:plain